女性が薄毛になる原因とは?

女性が薄毛になる原因とは?

 最近、薄毛で悩む女性が増えてきました。その原因は生活習慣の乱れ、偏食、睡眠不足、極端なダイエット、ストレスなどいろいろです。特に女性はストレスによって円形脱毛症になるケースが多いです。

 

 対策を行う場合は、まず最初に自分の薄毛の原因が何なのかについての理解を深めておく必要があります。年齢を重ねるにつれて抜け毛が増えて薄毛も目立ってきたという場合は、加齢による代謝の低下やコラーゲンやセラミドやエラスチンやヒアルロン酸の減少や活性酸素の増加が原因として考えられます。

 

 代謝が低下すると頭皮の血行不良が起こり、髪の毛が育ちにくい頭皮環境に陥ってしまいます。コラーゲンをはじめとする成分が減少すると乾燥して角質のバリア機能が低下し、ターンオーバーの乱れが生じたり肌細胞の再生の遅れが生じたりします。活性酸素の増加は、加齢だけではなくストレスも原因となります。増加すると酸化して細胞が錆びてしまい、それが頭皮環境の悪化につながり、ひいては薄毛に結び付くというメカニズムです。

 

生理や排卵や妊娠や出産や閉経などの影響で薄毛になってしまった場合は、ホルモンバランスの乱れが大きく影響しています。女性ホルモンのエストロゲンが減少するとホルモンバランスが乱れて薄毛につながってしまいます。

 

食生活の乱れで栄養が頭皮や髪の毛に行き渡らなかったり、疲労やストレスの蓄積や睡眠不足や運動不足や生活リズムの乱れや自律神経の乱れがあったりする場合も薄毛の原因となります。
 誤った方法でのシャンプーやヘアケアも原因になり得るので注意しなければなりません。シャンプーの洗い残しにより皮脂がつまるのもよくありませんし、市販の安いだけのシャンプーを使ってるのもおすすめできません。また朝シャンなど1日に何度もシャンプーをするのもよくありません。洗いすぎは頭皮の大切なものまでも洗い流してしまいます。シャンプーは1日に1回にしましょう。

 

 あとは、気にしすぎるのもよくありませんね。余計にストレスになってしまいます。遺伝など先天的なものを除けばきっと薄毛は治ります。普段の生活を改善し、ストレスはなるべくかけず、正しいヘアケアを心がけましょう。

 

思い当たる原因一つ一つにしっかりとアプローチしていくことが大事です。

 

>>>>女性用育毛剤のおすすめランキングへ戻る