女性の薄毛と男性の薄毛の違い

男と女の薄毛の原因は異なる

 年齢を重ねてくると増えてくるのが頭髪の悩みです。そしてその頭髪の悩みは男女ともに共通した悩みです。しかしその症状は同じように見えても男性と女性とではその原因が異なることが多いことをご存知ですか。

 

まず、男性の薄毛の多くはその原因が「男性ホルモン」の影響による体質的なものであることが多いと言われています。毛根部分の細胞が男性ホルモンの影響を受けやすいという遺伝的要因がその大きな要因となっているためです。特にその代表的な症状である「男性型脱毛症(AGA)」は、男性ホルモンのひとつである「ジヒドロテストステロン(DHT)」が増加してしまった結果に引き起こされます。これは、「DHT」が毛乳頭を委縮させて毛細胞の増殖を抑制し髪の成長を阻害してしまうためです。

 

一方で女性の場合の薄毛はその原因が非常に複雑な場合がほとんどです。たとえば日常生活を通しているストレスやパーマや毛染めを繰り返すした結果の過度なダメージ、ダイエットによる栄養の不足、運動不足、睡眠不足などさまざまな要因がヘアサイクルを乱してしまった結果として薄毛が引き起こされるのです。しかもその多くが原因をひとつにしぼることは難しく複合的な要因の結果として薄毛となっていることがほとんどです。

 

また、男性の薄毛は生え際や頭頂部を中心に進行するのに対して女性の場合が細くなり地肌が透けて見えるようになり全体的にボリュームが少なくなっていくなど、症状の出方も性別によって異なります。

 

>>>>薄毛解消!女性用育毛剤ランキングへ